financial

通知が来る前に対応

マイホームを手放さないために

住宅ローンは滞納2か月目あたりに、借入れ先から「期限利益の喪失の予告」と言うものが届きます。これは簡単に言うと、このまま滞納すると分割払いはできず残債を一括返済してもらいますよ、という予告です。それでも放置しておくと今度は「予告」が「通知」にかわり、遂に残債一括返済か、競売にかけられるかの二択を迫られることになります。競売を回避するために任意売却と言う手もありますが、いずれにしてもマイホームを手放すことになります。「予告」が届くまえに先手を打ちましょう。

多債務に苦しんでいるのであれば個人再生してみては

例えば住宅ローンの毎月の返済額をいくらか減額したら、支払いは可能でしょうか。もしそうだとしたら、借入れ先に相談してみてください。減額する分、返済期間は長くなりますが、シュミレーションを作ってくれますし、なんとか完済できるよう相談に乗ってくれるでしょう。もしも住宅ローン以外にも消費者金融からの借金の返済に追われているなら、個人再生をする方法もあります。個人再生は債務整理の一つです。自己破産のようにすべての債務がなくなるかわりにマイホームまでも失う、ということはありません。住宅ローンは支払いを続けながら、その他の債務だけが5分の1ほどに減額されます。その他の債務の返済が少なくなれば、住宅ローンが払えない状態を回避できるのではないでしょうか。個人再生には、条件などもありますので法律の専門家に相談してみてください。

ローンを払えない

マイホームを購入する際に、キャッシュで一括払いできればそれに越したことはありませんが、ほとんどが住宅ローンを組みます。経済状況が変わって住宅ローンを払えなくなって滞納してしまった際には適切な対応を取りましょう。

もっと詳しく

家を建てるお金

住宅を建てる際には、住宅ローンを組むことがほとんどです。住宅ローンを滞納してしまった際には、競売の手続きがとられます。家を失うだけでなくローンの一括返済を要求されるので注意が必要です。

もっと詳しく

支払い計画の変更

当初計画してた返済額では住宅ローンの支払いが困難になることもあるでしょう。例えば、給与がカットされたり、収入が減ったりと予想外のことが起きることもあります。リスケジュールで対応しましょう。

もっと詳しく